僕が筋トレを始めた理由

こんばんは!

久々の投稿になりました。

想いがカタチになったタイミングで発信するこのブログですが、
今回は筋トレを始めた理由について
お話します。

僕は小さい頃から足回りの筋肉はそこそこあったのですが、
上半身は華奢な方でした。

小学校高学年のとき、
握力は好きだった女の子に10kg差をつけて余裕で負けるくらいほどで、
当時の辛い思い出として残っています。

そこから運動に全力を注ぐようになったわけです。
肌の色は黒くなり、足回りや持久力はつきましたが、一向に上半身は変わらずにいて、
中学生のときは100人を超える部活のレギュラーにはなれても、上半身はひょろいままでした。

そして、
そのままの体型で社会人を迎えてしまいました。

僕は大学卒業後、商社に勤めていました。

商材は建設資材、納める場所は建設現場です。

1年目は搬入現場回りで、
とある現場の監督から常に怒号、たまに優しく指導とまるで自分の後輩かのように大変良くしていただきました。

その現場が無事上棟式を迎えたあと
関係会社を含めた現場の打ち上げに参加させてもらいました。

参加者は現場監督とその関係会社(ほぼ土方)

現場は割と殺伐とした緊張感ある雰囲気だっただけに、飲み会は穏やかだろうと気を許して参加した飲み会でしたが、
そこに更なる試練がありました。

どこの誰しも楽しそうにしている会の最中、
「おう、ちかい、ちょっとこいよ」
と急な監督からの呼びかけ、
呼びかけるままに席を移動すると、1つのテーブルだけお酒と食べ物が下げられていて、椅子が二つ用意されていました。
そして、注目されながら移動して突然酒に半分酔っ払った監督に肩を組まれ、

「なぁ、こいつ、ちかいっていうんだ、大学卒業して立派にサラリーマン1年目を迎えているヤツなんだ。今から誰が一番腕相撲弱いか決めるからさ、お前やりたい相手選べよ」
と。

「え。」
戸惑う自分。

「しょうがねぇなぁ、そしたらお前と歳が近いやつから勝負するか、おい今年から入ったやつと勝負しよう」

指名されたのは顔は幼いが日焼けした肌と半年で現場で鍛えられた腕の筋肉がやけに目立つ19歳の青年でした。

とは言え自分も当時23歳。
部活引退からわずか1年余りで
体力には我が身なりにも自信はありました。

が、結果は
力を入れても入れてもビクともせず、
相手には笑われる始末。

力を入れ続けて限界を超え、疲れたあたりで優しく押さえ込まれて負けました。

新人に余裕負けした僕は結果が見えているにもかかわらず、
その場にいた全員と戦う羽目になり、
結果15人に全員敗退。

またもや辛酸を舐めました。
「な、やっぱり負けただろ」
と最後に突き放すように監督から笑われる始末。

随分と意地の悪いことをする監督だなと思いましたが、
負けた後に一言

「なぁ、ちかいなぁ、お前はちっとは有名な大学にはいって立派に社会人になったかもしれないが世の中には色んな世界で必死に頑張ってるヤツがいるんだよ、お前はまだまだ。とりあえず、身のほどを知って力つけてこい」
と。
荒っぽい叱咤激励なんだと思い、今でも心に刻まれています。

そこからまた日は巡り、
今でも自分の弱さと対峙する瞬間に立ち会った時に
ふとあの時のことを思い出すのです。

自分の弱さと対峙するとき、

自分をより強くすることをしようと思えるのです。


木更津にいたときは、その点、「考える」ことは良くしてきましたが、
筋トレはあまりしてきませんでした。

今こそ、自分を高めるとき。
そんな思いで今年1月から筋トレを始めました。

ジムに行くと、自分より筋肉隆々な人がたくさんいて、自分の重さよりはるかに重い重量で立ち向かっている姿をみます。
対して、自分は...
その半分以下の重量にあくせくしながら最後まで回数をこなせずに終わってしまう連続で。
ただただ、自分の無力さを感じます。

ただ、その無力な自分を知ることが、身のほどを知ることであり、自分と素直に対峙しているんだと思いました。

そこから少しずつ重さを増やし、変わる身体を実感する作業が今では楽しく、
自分の確かな自信に繋がっています。

↑筋トレ終わりのプロテインが癒しです。

ジムに行くと老若男女問わず、色んな方々がいて、
もう筋トレはボディビルダーやアスリートだけのものではなく、広く一般にも普及しているようです。

そして、筋トレと有酸素運動を同時に行うことでの健康的な好影響は肉体面にのみならず精神面でも様々あるようで、そんなこともトレーナー面談で教えてもらえます。

なので、筋トレ後は心身共にリフレッシュできます!
そして、肉体が変わり、単純に疲れにくくなります!

そんな感じで、
僕みたいに筋肉に自信がない人ほど生活に取り入れてみると世界が広がっていくような感覚になるので、オススメですよー!

それではまた!

コーヒーと自分と

NOZY COFFEE Chikai Hiroki 普段お話できないようなことをこちらからも少しずつ発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000